ネスカフェ バリスタのコーヒーは薄い?飲んだ感想と濃くする方法を紹介

バリスタのコーヒーは薄い?
ネスカフェ バリスタのコーヒーは薄いって言われてるけど実際どうなの? 薄いとしたら濃く設定(調整)することはできる? そんな疑問に応える記事です!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

ネスカフェのバリスタに興味があるけど、『コーヒーが薄い』というのをどこかで聞いて不安になっていたりしませんか?

実際に、バリスタのコーヒーは薄いという意見をネット上でよく見掛けるので、心配になる方も少なくないと思います。せっかく買ったのにコーヒーが口に合わなかったら嫌ですもんね…。

というわけで、今回はそんな噂が本当がどうか実際に飲んで調べていこうと思います。飲んだ感想と薄いときの対処方法をまとめているので、バリスタの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

これからバリスタを買うという方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

薄いと噂のコーヒーを実際に飲んでみた感想

早速、こちらのバリスタ(PM9631)でコーヒーを作っていきたいと思います。

数年前から愛用しているので、『飲んでみた』というよりは『改めて意識して飲んでみた』と言った方が正しいですね。

ネスカフェ バリスタ PM9631

コーヒーカートリッジは最も一般的で人気のあるゴールドブレンドを使用します。

まずは普通のブラックコーヒーから。

ネスカフェ バリスタ PM9631 ブラックコーヒー

\ 抽出! /

バリスタ コーヒー抽出

飲んだことはありますが、改めて濃さを意識して飲んでみます。

バリスタのブラックコーヒーを改めて飲んでみた感想

ちょっと薄い。

実はバリスタを買って最初にブラックを飲んだときも思ったんですが、ちょっとだけ薄いです。薄過ぎるというわけではなく、どこか後味に水っぽさを感じる程度の薄さです。

僕はいつもミルクと砂糖を入れたラテを飲むので「まあこんなもんか」と思っていましたが、改めてブラックを飲んでみると多くの方が薄いと感じる理由もわかります。

なぜネスカフェはこの濃さを初期設定にしているんでしょうか…。(後ほど調整する方法も紹介します)

Maff
次はエスプレッソを飲んでみましょう!

ボタンはこちらですね。

ネスカフェ バリスタ PM9631 エスプレッソ

バリスタのエスプレッソを飲んでみた感想

濃い。

エスプレッソの名のとおり、ブラックと比べると濃いです。水っぽさがなく、コーヒーの味がちゃんとします。苦みも強い。

ブラックとエスプレッソの間が一般的に丁度良い濃さとされるコーヒーのような気がしますね。つまり何もいじってない初期設定のままだと薄いブラックか濃いエスプレッソのどちらかしか選べないことになります。

実際に飲んでわかったこと

エスプレッソ以外のメニューは初期設定のままだと薄い。

エスプレッソはともかく、ブラックコーヒーネットで薄いと言われているのにも頷ける結果でした。バリスタには全機種に濃さを調整できる機能が備わっているので、ここからはその調整手順と実際にどこまで濃さが変わるかを調べていきたいと思います。

バリスタのコーヒーを濃く設定する方法

まずはじめに、カフェラテとカプチーノのコーヒーの濃さは変えることが出来ません。やろうと思えばミルクを泡立てるお湯の噴射が終わった段階で抽出を中止してブラックかエスプレッソを足すこともできますが、少々手間がかかります。

ミルク系のメニューを濃くしたい場合は、全体的な量は増えますが後から濃いエスプレッソを足して味のバランスを取る方法が個人的にはおすすめです。

コーヒーを濃く設定する手順

  1. 濃さを調整したいメニューの現在の量を、カップに目印をつけるなりして最初に確認しておきます。
  2. バリスタの電源を入れ、目印をつけた空のカップをセットします。
  3. 濃さを調整したいメニュー(ミルク系以外)を2秒以上長押しします。
  4. 電源ボタンがオレンジ色に点灯し、選んだメニューボタンが緑色に点灯します。
  5. コーヒーの抽出が始まります。
  6. 選んだメニューボタンが緑点滅になったらそこから自分の好きなタイミングで点滅しているボタンを押します。ボタンを押すと抽出が止まり、最初につけた目印の位置を基準として、そこから量が少ないほど濃く、多いほど薄くなります。(ボタンを押さなかった場合は最も薄い量で止まります)
  7. 6で濃さを調節したら、再度そのボタンを押して内部に残ったコーヒーを出し切ります。(TAMA・i [アイ]はこの操作は不要)
  8. 次回からは6で設定した量で抽出されます。(電源を切ってもリセットされない)

※バリスタi(アイ)はスマホアプリでも設定できます。

少しわかり辛いかも知れませんが、上記の手順のとおり初期設定量から少ない湯量か多い湯量かを手動で選ぶことで、濃さを調整することができます。

Maff
この方法で濃く設定したコーヒーを飲んでみました!

濃く設定したコーヒーを飲んでみた感想

ネスカフェ バリスタで淹れたコーヒー

ちゃんと濃い。

最初は薄かったブラックコーヒーを一番濃く設定して飲んでみましたが、初期設定の濃さと比べるとだいぶ濃かったです

ブラックコーヒーだけじゃなく最初から濃かったエスプレッソもより濃くなるので、先ほどの手順を繰り返して自分の好みに設定してみてください。

Maff
大体2、3回やるといい感じの濃さになると思います!

まとめ

初期設定のコーヒーは薄いけど、湯量を調整することで自分の好みの濃さのコーヒーが毎回作れる! バリスタを買う際にコーヒーの薄さを心配する必要はなし!

一回設定してしまえばそれ以降はその濃さのコーヒーが飲めるので、「コーヒーが薄くて口に合わないかもしれない」と考えていた方は安心してください。

今回は手動で濃さを調整する方法を紹介しましたが、最新機種のバリスタi(アイ)ならスマートフォンの専用アプリで簡単に湯量を調整することができてとても便利です。

無料でレンタルできるお得なプランもあるので、なるべく安くバリスタが欲しいという方にはおすすめですよ!

こちらの記事で無料レンタルの解説もしています。

レンタルではなく購入する場合は、こちらを参考にしてみてください。

Maff
美味しいコーヒーを毎朝ワンタッチで楽しみましょう! それではまた!

この記事をシェアする