違いは何?コーヒーメーカーの種類と選び方をわかりやすく解説

4タイプのコーヒーメーカー
コーヒーメーカーにはいくつか種類があるけど、それぞれどう違うの? 自分にベストなマシンが知りたい! という方のために、コーヒーメーカーの種類と選び方をわかりやすく解説します!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

「コーヒーメーカーが気になるけど、種類があり過ぎてわからない!」という方は多いですよね、実際に僕がそうでした。

最近は、メーカー独自のカプセルやパックを使用するものが増えたことによりマシンのグループが細分化され、違いがすごくわかりづらくなっています。

この記事では、そんなわかり辛いコーヒーメーカーをなるべくわかりやすく簡潔に解説していきます。

自分に合ったベストなマシンを見つけてもらえるような内容になっているので、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

まずは覚えたいコーヒーメーカー基本の4種類

コーヒーメーカーには大きく分けて4つの種類があります。

基本の4種類

  1. インスタントタイプ
  2. ドリップタイプ
  3. カプセルタイプ
  4. エスプレッソタイプ(エスプレッソマシン)

コーヒーメーカーを選ぶためには、まずはこの4種類がそれぞれどういった特徴を持ったマシンなのかを理解する必要があります。

ひとつひとつ順番に説明していくので、ざっくりとでも覚えてみてくださいね。

Maff
マシンのラインナップや価格などの説明は後ほどするので、ここでは各マシンの違いに注目してください!

インスタントタイプ

ネスカフェ バリスタ ゴールドブレンド

インスタントタイプは名前の通り、スーパーなどで売っている『お湯で溶かして飲むインスタントのコーヒー』を自動で作ってくれるコーヒーメーカーです。

みなさんも一度は名前を聞いたことがあるであろう『ネスカフェ バリスタ』が、インスタントタイプの代表的なマシンですね。

インスタントタイプの特徴

  • ボタンひとつで手軽にコーヒーが飲める
  • コーヒー1杯あたりの価格が安い
  • インスタントのコーヒーを使うので味はイマイチ
Maff
インスタントタイプは「味にはこだわらないから、なるべく安く手軽にコーヒーが飲みたい!」という方にピッタリなコーヒーメーカーです!

ドリップタイプ

先ほどはインスタントの粉を使うインスタントタイプを紹介しましたが、インスタントの粉ではなく『コーヒー豆をすり潰した粉』を使うのが、このドリップタイプです。

インスタントの粉と豆をすり潰した粉の違いは?

この違いを詳しく説明すると長くなるので、次のように覚えてください。

インスタントの粉:コーヒーエキスをそのまま固めた物! 溶かすだけで飲めるが、味や香りはガクッと落ちる。

豆をすり潰した粉:コーヒーエキスを含んだ粉! ドリップ(抽出)しないと飲めないし粉のカスも出るが、コーヒーの味や香りは良い。

そして、インスタントの粉で作ったコーヒーを『インスタントコーヒー』と言い、インスタントの粉以外で作ったコーヒーを『レギュラーコーヒー』と言います。

つまり、ドリップタイプは『レギュラーコーヒーを自動で作ってくれるコーヒーメーカー』です。

ドリップタイプの特徴

  • 手間が掛かるが、その分美味しい
  • 使う豆によってはコーヒー1杯あたりの価格がインスタント以上に安い
  • 一気にたくさんのコーヒーを作ることができる
Maff
ドリップタイプは「どれだけ手間が掛かってもいいから美味しいコーヒーが飲みたい!」という方向けのコーヒーメーカーです!

カプセルタイプ

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム

豆をすり潰した粉が入った『カプセル』を使ってレギュラーコーヒーを手軽に作れるのがこのカプセルタイプです。

ネスカフェ ドルチェ グスト』が代表的なマシンですね。

操作はカプセルをセットしてボタンを押すだけでよく、後片付けもカプセルを捨てるだけでOKなので、手軽さと美味しさのバランスがとれたマシンと言えます。

粉を加工してカプセルに詰め込むのでドリップタイプと比べると味は少し落ち、香りも弱くはなりますが、十分美味しいコーヒーが楽しめます。

カプセルタイプの特徴

  • 手間が掛からない上に、美味しいコーヒーが作れる
  • カプセルのバリエーションが豊富
  • コーヒー1杯あたりの価格は高め
Maff
カプセルは少々割高なので、「多少値が張ってもいいから手軽に美味しいコーヒーが飲みたい!」という方向けのコーヒーメーカーですね!

エスプレッソタイプ

最後はエスプレッソタイプです。

エスプレッソタイプはその名の通り『エスプレッソコーヒー』を作ることができるマシンですね。

エスプレッソコーヒーとは?

エスプレッソコーヒーというのは『エスプレッソ』という特殊な製法で作られたコーヒーのことを指し、普通のコーヒーと比べると味に深みがあり、苦みも香りも強いのが特徴的です。(濃縮されたコーヒーという認識でOK)

エスプレッソタイプは他のタイプとはちょっと別物と考えてください。

エスプレッソタイプの特徴

  • 手間が掛かるが、その分美味しい
  • 使う豆によってはコーヒー1杯あたりの価格がインスタント以上に安い
Maff
「美味しいエスプレッソコーヒーが飲みたい!」という方専用のコーヒーメーカーですね!

本体価格とコーヒー1杯あたりの価格の違い

各コーヒーメーカーの特徴をざっくりと理解したところで、本体価格とコーヒー1杯あたりの価格の違いを見ていきましょう。

マシン価格比較表

どのタイプもピンキリですが、ある程度機能が揃ったマシンを買おうと思うとエスプレッソタイプは2万〜、それ以外は5千〜1万ぐらいが相場になります。

高い物ほど多機能で便利ですが、相場あたりの物を買っておけばまず間違いありません。

Maff
次は、コーヒー1杯あたりの価格を見ていきます!
コーヒー1杯あたり価格比較表

いわゆるランニングコスト(使い続けるコスト)ですが、カプセルタイプが割高で、その他はどれもあまり変わりませんね。

ドリップタイプとエスプレッソタイプは平均的な価格を出しているため、値が張るコーヒー豆を使うと倍以上になることもあります。

Maff
最後は、コーヒーそのものについて触れていきましょう!

コーヒーを作る手間と味の違い

コーヒーの味と手間

コーヒーを作る手間と味の関係図を作ってみました。

これを見るとわかりますがコーヒーを作る手間と味はほとんど比例し、最も手間がかかるエスプレッソとドリップはその分美味しいです。

ドリップと同じ粉を使うエスプレッソが少々お手軽に寄っているのは、カプセルも使えるエスプレッソマシンがあるためです。(一般的には粉を使います)

各マシンの手間と味を一言で表すと、大体こんな感じになります。

インスタントタイプ
 美味しさも香りも缶コーヒーと対して変わらない
手間お手軽ワンプッシュ
カプセルタイプ
インスタントと比べると断然美味しい。チェーンのカフェレベルのコーヒー
手間お手軽ワンプッシュ
ドリップタイプ&エスプレッソタイプ
カプセルタイプより味に深みがあり、香りが全然違う
手間洗い物もゴミも出て面倒
Maff
コーヒーメーカーを選ぶ際には、どこまでコーヒーの美味しさを求めるかが重要になってきますね!

こんな方はコレ!賢いコーヒーメーカーの選び方

ドロップとバリスタを縦から見た図

ここまで各マシンの特徴と価格、コーヒーを作る手間や味などの説明をしてきましたが、なんとなく自分に合ったコーヒーメーカーが見え始めているのではないでしょうか?

ここからは、現在カプセルタイプとインスタントタイプを愛用している僕から見た、『こんな方はコレ!』を書いていきたいと思います。

ちなみに僕は昔ドリップタイプを使っていたんですが、手間が掛かり過ぎてカプセルタイプに乗り換えました。

Maff
上の画像は愛用しているマシンです! どちらもネスカフェのコーヒーメーカーで、左がカプセルタイプ、右がインスタントタイプです。

とりあえずコーヒーが飲めればいい!という方はインスタントタイプ!

ネスカフェ バリスタ ゴールドブレンド

毎朝インスタントコーヒーを自分で作っている方や缶コーヒーを買って飲んでいる方は、インスタントタイプのコーヒーメーカーが最適です。

本体価格もコスパも手間も最低限に抑えられるので、「とりあえず飲めればいい」にここまで適したマシンはありません。

Maff
お湯を沸かす必要もなく、ボタンひとつでコーヒーが飲めるのは感動もんですよ!

インスタントタイプはネスカフェのバリスタしかないので、興味のある方は下記の記事でラインナップを確認してみてください。

美味しさにも手軽さにもこだわりたい!という方はカプセルタイプ!

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム

手軽さは妥協したくないけどインスタントよりも美味しいコーヒーを飲みたいという方は、カプセルタイプのコーヒーメーカーが最適です。

インスタントと同じ手軽さで、より美味しいコーヒーを飲むことができます。

カプセルタイプのコーヒーメーカーは何種類かありますが、コスパ・本体価格・カプセルのバリエーションから見てもネスカフェのドルチェグストが最も優れています。

現に日本で一番売れているカプセルタイプなので、これを買っておけば間違いないと言えますね。

Maff
コーヒー1杯あたりの価格はちょっと高いですが、美味しさと手軽さを考えると「まあいっか〜」と納得させられるほど使い勝手がいいですよ!

気になった方はこちらの記事でラインナップを確認してみてください。僕の愛用しているモデルもあります!

手間が掛かってもいいからとにかく美味しいコーヒーが飲みたい!という方はドリップタイプ!

普段からドリップ器具を使い自分でコーヒー淹れている方や、とにかく美味しさを求めている方は、ドリップタイプのコーヒーメーカーが最適です。

手間は掛かるものの、インスタントやカプセルでは味わえない深みと香りが楽しめます。

ドリップタイプはピンキリですが、コーヒーの美味しさを追求するなら全自動ミル付きのマシンを買ったほうがいいです。豆から挽くとコーヒーの香りが段違いでビックリしますよ。

全自動ミルつきのマシンならパナソニックのNC-A56あたりが機能も揃っていて使いやすいと思います。少々値が張りますが安値な海外ブランドの物はミルの耐久性に欠けることが多いので、多少高くても良い物を買うようにしましょう。

Maff
海外ブランドはミルが1週間で壊れたりするので注意です・・・(体験談)

美味しいエスプレッソが飲みたい!という方はエスプレッソタイプ!

とにかく美味しいエスプレッソが飲みたいという方はエスプレッソメーカーが最適です。

ちゃんとしたお店で飲むエスプレッソにはおよびませんが、最近は数万円で買えるモデルでも十分美味しいエスプレッソを作ることができます。

エスプレッソタイプを買うなら本場イタリアの老舗ブランド(デロンギ・ビアレッティ等)がコスパも良く、機能やデザイン面を見ても間違いと言えますね。

個人的に、1台目に買うならデロンギのEC152Jが入門マシンとしてピッタリだと思います。ここまで安価で美味しいエスプレッソが飲めるマシンはありません。

まとめ

コーヒーメーカーまとめ
コーヒーメーカーは自分が求めるコスパ・味・手軽さによって適したマシンが変わってくる! 自分が何をどこまで求めるかをはっきりさせて、自分に合ったコーヒーメーカーを選ぼう!

僕の経験上、最初のマシンに悩んでいる方はお手軽なマシン(インスタント・カプセル)にするのがベストだと思います。まずはボタンひとつでコーヒーを作ることができるコーヒーメーカーの便利さを堪能しましょう!

おすすめのコーヒーメーカーランキングもあるので、はじめてコーヒーメーカーを買うという方はぜひ参考にしてみてください。

Maff
自分に合ったコーヒーメーカーで毎日のコーヒーブレイクをもっと楽しみましょうね! それではまた!

この記事をシェアする