インテリアとして使える!おしゃれな人気コーヒーメーカーランキング

コーヒー
コーヒーメーカーが欲しいけど、どうせならとびきりおしゃれなデザインのが欲しい! というおしゃれさんのために、デザイン重視でコーヒーメーカーを5つ厳選してランキングにしてみました!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

コーヒーメーカーに性能や機能を求めるのはもちろんのことですが、「見た目にもこだわりたい!」という人も多くいると思います。

部屋やキッチンに置いたときに、見て楽しむことができるインテリアのような存在だと嬉しいですよね。実際に僕もコーヒーメーカーを選ぶときは、性能や機能だけではなく見た目のおしゃれさも重視しました。

この記事では、使い勝手が良く、そのうえデザインがおしゃれで人気のあるコーヒーメーカーをランキングで紹介します。

僕の趣味が良いかどうかはわかりませんが、少しでもあなたのコーヒーメーカー選びの参考になれば嬉しいです!

ランキング付けのポイント

ランキングに行く前に、コーヒーメーカーを評価するポイントを説明します。

評価するポイント

  • マシンのデザイン
  • コーヒーを淹れる手軽さ
  • コーヒーの美味しさ
  • コーヒーのバリエーション
  • コーヒーのコスパ
  • マシン本体のコスパ

今回のランキングは、この6つのポイントを評価したものになります。

おしゃれだけどコーヒーメーカーとしての性能は悪い・・・というマシンはないのでご安心ください。

Maff
というわけで、早速ランキングにいきますね! 第1位から発表します!

おしゃな人気コーヒーメーカーランキング5

1.

ドルチェグスト ドロップ

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ
デザイン(5/5)
手軽さ(5/5)
美味しさ(4/5)
バリエーション(5/5)
コスパ(3/5)
本体価格(5/5)
このコーヒーメーカーの特徴

  • 曲線が美しいデザイン
  • 手軽なカプセルタイプ
  • カフェレベルの美味しさのコーヒー
  • ラテ系や抹茶系など15種類以上のメニュー
  • 1杯あたりのコスパはイマイチ(1杯50円)
  • 定期便プランを使えば本体料金が無料

1位は、ネスカフェドルチェグストシリーズの『ドロップ』です。

このモデルの売りは、なんといってもそのデザイン。雫をイメージして作られたという曲線の多いフォルムは、コーヒーメーカーと言われないとわからないほど個性的です。

そのうえ、使い勝手の良いカプセルタイプで、手軽に本格的なコーヒーが楽しめます。専用カプセルもラテ系や抹茶系などのバラエティに富んだメニューが全部で15種類以上もあり、バリエーションも十分。

定期便プランを使えば本体料金が無料になるので、1杯あたりのコスパの悪さを割り切れさえすれば、この上ないコーヒーメーカーと言えます。

Maff
冒頭で『おしゃれさを重視してコーヒーメーカーを選んだ』と言いましたが、僕はこれを使っています!
ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ
Maff
おしゃれなカプセルホルダーなんかと組み合わせると、部屋が一気に華やかになりますよ!

ドロップの開封レビュー定期便プランの解説もあるので、興味がある方はチェックしてみてください。

カプセルのバリエーションはこちらの記事で確認できます。

2.

ネスプレッソ イニッシア

デザイン(4/5)
手軽さ(5/5)
美味しさ(5/5)
バリエーション(3/5)
コスパ(1/5)
本体価格(3/5)
このコーヒーメーカーの特徴

  • レトロな可愛いデザイン
  • 手軽なカプセルタイプ
  • カプセルとは思えない美味しさ
  • 20種類以上のコーヒーメニュー
  • 1杯あたりのコスパは悪い(1杯80~100円)
  • ネスプレッソの中で最も本体価格が安い

2位は、ネスカフェ ネスプレッソシリーズの『イニッシア』です。

横幅が12cmのコンパクトなコーヒーメーカーで、レトロなデザインがとてもおしゃれ。ネスプレッソでは一番人気があります。

こちらもカプセルタイプのコーヒーメーカーですが、ネスプレッソはよりコーヒーの美味しさを追求したシリーズなので、1杯あたりのコスパは悪いです。

また、20種類以上あるカプセルはすべて風味の違うブラックコーヒーなので、ミルク系のメニューを作る際は別で泡立て器を買わなければいけなかったりと、少々バラエティ要素には欠けます。

美味しいブラックコーヒーが手軽に飲みたい人におすすめですね。

Maff
ちなみに、使うカプセルはドルチェグストとは別物です! ドルチェグストとネスプレッソの違いについてはこちらの記事をご覧ください!
3.

ラッセルホブス ヘリテージ

デザイン(4/5)
手軽さ(3/5)
美味しさ(5/5)
バリエーション(1/5)
コスパ(5/5)
本体価格(2/5)
このコーヒーメーカーの特徴

  • スタイリッシュなデザイン
  • 手間が掛かる分美味しいドリップタイプ
  • ペーパードリップとペーパーレスが選べる
  • 一度に作れるコーヒーは12杯と大容量

3位は、イギリスの家電ブランド ラッセルホブスの『ヘリテージ』です。

名前も聞いたことのないような海外のブランドですが、マシンの性能は日本もユーザーにも認められており、なによりそのスタイリッシュなデザインが人気を博しています。

ペーパーレス可能、保温機能・自動電源OFF機能付きと、基本的な機能は全て揃っているので、スタイリッシュなコーヒーメーカーが欲しい人にはピッタリですね。

Maff
高級ホテルに備え付けられていそうなイカしたデザインです!
4.

ネスプレッソ ラティシマ・タッチ

デザイン(4/5)
手軽さ(5/5)
美味しさ(5/5)
バリエーション(4/5)
コスパ(1/5)
本体価格(1/5)
このコーヒーメーカーの特徴

  • サーバーのようなデザイン
  • 手軽なカプセルタイプ
  • カプセルとは思えない美味しさ
  • 20種類以上のコーヒーメニュー
  • 1杯あたりのコスパは悪い(1杯80~100円)
  • ミルク系のメニューが簡単に作れる

4位は、ネスカフェ ネスプレッソ シリーズの『ラティシマ・タッチ』です。

モノトーンのボディにサーバーのような抽出口がついているデザインで、とても上品な雰囲気があります。

2位のイニッシアとの大きな違いは、ミルクを泡立てる機能があるかどうか。こちらのラティシマ・タッチはミルクフォームをワンタッチで作ることができ、カプチーノやラテマキアート、ホットミルクも簡単に作れちゃいます。

ミルクサーバーは取り外して冷蔵庫に保管することも可能。

機能が充実しているので本体価格は高くなりますが、それだけの価値があるマシンです。

5.

ビアレッティ タジッシマ

デザイン(5/5)
手軽さ(1/5)
美味しさ(5/5)
バリエーション(4/5)
コスパ(4/5)
本体価格(1/5)
このコーヒーメーカーの特徴

  • シルバーとブラックの洗練されたデザイン
  • 万能なエスプレッソタイプ
  • 操作が難しい

5位は、イタリアの老舗ブランド ビアレッティの『タジッシマ』です。

洗練された美しいデザインが100点。ビアレッティ製品ではおなじみの髭を生やした可愛いおじさんのプリントも、目立ち過ぎずとてもおしゃれ。

粉・ポッド・専用カプセルの3通りの方法でコーヒーを楽しむことができる、万能エスプレッソタイプです。

欠点を挙げれば本体価格が高いことと、操作が難しいこと。特に抽出の開始/停止はレバーの手動操作で行うので、毎回同じ濃さに調整するのが難しく、とても不便です。

カップウォーマーやミルクスチーマーもついていたりと機能は一通り揃っているので、使いこなす自信がある人にはおすすめです。

Maff
見た目がおしゃれ過ぎる・・・

おわりに

おしゃれさと実用性を考えて厳選した5つのコーヒーメーカーを紹介しましたが、気になるモデルはありましたでしょうか?

どれもタイプが異なるので、購入の際は各コーヒーメーカーの違いをきちんと理解してからにしたいですね。

どれにすればいいかわからないという方には、ランキング1位の手軽でコーヒーも美味しいドルチェグストを強くおすすめしますよ!

Maff
自分に合ったコーヒーメーカーで自宅をカフェにしちゃいましょう! それではまた!

この記事をシェアする