美味しい一杯を自宅で!おすすめコーヒーメーカーランキングBEST10

コーヒーメーカーランキング
コーヒーメーカーが欲しいけど、たくさんあり過ぎてどれにすればいいかわからない…とにかく優れているマシンが知りたい! という声に応えるべく、おすすめのコーヒーメーカーをランキングにしてみました!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

習慣的にコーヒーを飲む方なら一度は欲しいと思ったことがあるであろう、コーヒーメーカー。自宅で淹れたてのコーヒーが手軽に飲めたら最高ですよね。

そんなコーヒーメーカーですが最近はブランドの数もマシンの数も増え、自分に合った物を見つけるのが難しくなっています。僕も実際に何度か失敗しました。

この記事では、自身の失敗した経験を踏まえて、数あるコーヒーメーカーの中から自信を持っておすすめできる10台を選んでランキングにしてみました。

要点を絞って紹介していくので、どのコーヒーメーカーにするか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

どんなコーヒーメーカーをおすすめするか

このランキングを有効に使うためには、コーヒーメーカーの基礎知識が必要になります。

「コーヒーメーカーについて全く知らないかも・・・」という方はあらかじめ下記の記事を軽くご覧になることをおすすめします。

ランキング付けのポイント

  • コーヒーを淹れる手軽さ

後片付けを含めたコーヒーを淹れる手軽さです。個人的には最も重要視しているポイント。

  • コーヒーの美味しさ

そのまんまですね、味も香りも重要なポイントです。

  • コーヒーのバリエーション

コーヒーメニューとバラエティメニューの豊富さです。

  • コーヒーのコスパ

コーヒー1杯あたりの料金です。いわゆるランニングコストですね。

  • マシンの本体価格

コーヒーメーカーそのものの料金です。

Maff
今回は以上の5つのポイントを元にしたおすすめランキングになります! というわけで早速ご覧ください!

おすすめコーヒーメーカーランキング10

1.

ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム
手軽さ(5/5)
美味しさ(4/5)
バリエーション(5/5)
コスパ(3/5)
本体価格(5/5)

このコーヒーメーカーの特徴

  • 手軽なカプセルタイプ
  • カフェレベルの美味しさのコーヒー
  • ラテ系や抹茶系など15種類以上のメニュー
  • 1杯あたりのコスパはイマイチ(1杯50円)
  • 定期便プランを使えば本体料金無料(無料レンタルもあり)

早速1位からの発表になりますが、1位はネスカフェ ドルチェグスト シリーズの『ジェニオ2 プレミアム』です。

手軽さと美味しさのバランスが最もとれているカプセルタイプのコーヒーメーカーで、これ1台でバラエティに富んだ15種類以上のメニューを楽しむことができます。

元々ちょっと値が張るカプセルタイプなので1杯あたりのコスパはイマイチとしていますが、同タイプの中では最安の部類。

カプセルを一定数購入すると本体が無料で手に入るお得なプランもあるので、普通に買えば1万円ほどする初期費用を抑えることができます。無料でレンタルできるプランもあるので、

味や香りはドリップコーヒーに劣りますが、このコスパと手軽さで飲めるコーヒーでは十分過ぎるほど美味しいです

Maff
コーヒー1杯あたりのコスパが気になるところですが、そこさえ割り切ることができれば言うことなしのマシンと言えますね!

本体無料プランの詳細についてはこちらをご覧ください。

公式サイトはこちらから。

2.

ドルチェグスト ドロップ

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ
手軽さ(5/5)
美味しさ(4/5)
バリエーション(5/5)
コスパ(3/5)
本体価格(5/5)

同じくドルチェグストの『ドロップ』が2位にランクイン。

こちらは1位のモデルとデザイン以外は同じなので詳しい説明は省きますが、僕はこのモデルを使っています。

Maff
よりデザインにこだわりたい方にはこちらをおすすめしますよ!
ドルチェグスト コーヒー抽出

ドルチェグストは他にも種類がありますが、これら2機種以外は一気に使い勝手が悪くなるのであまりおすすめできません。

ドロップについてもっと詳しく知りたい方はこちら。

もちろんドロップにも、本体無料の定期便プランがあります。

3.

ネスカフェ バリスタ PM9631

ネスカフェ バリスタ ゴールドブレンド
手軽さ(5/5)
美味しさ(2/5)
バリエーション(1/5)
コスパ(4/5)
本体価格(5/5)

このコーヒーメーカーの特徴

  • 手軽なインスタントタイプ
  • 味はインスタントコーヒーと同じ
  • コーヒーのバリエーションは風味の違う5種類のみ
  • 1杯あたりのコスパは良い(1杯20円)
  • 本体価格は4000円と安い

こちらも同じネスカフェからバリスタ シリーズの『バリスタ PM9631』がランクイン。

インスタントタイプなのでコーヒーの味には期待できませんが、手軽さとコスパ面ではとても優れています。味にあまりこだわりがなく、インスタントコーヒーが手軽に飲めればいいという方にとっては最高のマシンですね

Maff
名前が有名なだけあって、日本で一番売れているコーヒーメーカーです!

バリスタにもいくつか種類がありますが、他のモデルは本体が高いのでおすすめできません。

例外としてバリスタ i (アイ)というモデルのみ無料でレンタルできるプランがありますが、個人的には格安で購入できるこちらのバリスタ(無印)をおすすめします。

バリスタ i (アイ)の無料レンタルプランについてはこちらをご覧ください。

無印バリスタの購入についてはこちら。

4.

UCC ドリップポッド DP2

手軽さ(5/5)
美味しさ(4/5)
バリエーション(5/5)
コスパ(2/5)
本体価格(2/5)

このコーヒーメーカーの特徴

  • カプセルもドリップも可能な万能タイプ
  • 味はドルチェグストと同じぐらい美味しい
  • コーヒー+お茶系のメニューが作れる
  • 1杯あたりのコスパは悪い(1杯60~70円)
  • 本体価格は2万円弱と高め

UCCのドリップポッド シリーズから『ドリップポッド DP2』が4位にランクイン。

カプセル式とドリップ式の両方の機能が備わっている珍しいマシンです。カプセルのバリエーションはブラックコーヒーの種類だけで10種類以上あり、紅茶や煎茶といったお茶系のメニューもあったりとまさに万能タイプ。

ラテ系のメニューがないのが玉に傷ですが、コーヒーもお茶も楽しみたい方には特におすすめなコーヒーメーカーです。

Maff
コスパ面は良いとは言えないので、そこは割り切る必要がありますね・・・

毎月違うコーヒーが自動で送られて来る『世界のコーヒーお届け便』を利用するとマシンの本体価格が大幅に割引されるので、購入する際はそちらのご利用をおすすめします。

5.

パナソニック NC-A56-K

手軽さ(2/5)
美味しさ(5/5)
バリエーション(1/5)
コスパ(5/5)
本体価格(2/5)

このコーヒーメーカーの特徴

  • 手間が掛かる分美味しいドリップタイプ
  • 全自動ミル付きで豆から挽ける
  • ミル洗浄&保温機能付き
  • ミル付きなので本体価格は高め
  • 一度に作れるコーヒーは5杯分

パナソニックの全自動ミル付きドリップタイプ『NC-A56-K』が5位にランクイン。

ドリップタイプでこれ以上のマシンはありません。全自動ミル付きで挽き具合を粗挽きと中細挽きで選ぶことができ、ミル後の洗浄も自動で行ってくれます。

さらに煮詰まりを防ぎながらコーヒーを保温してくれる機能もついていたりと、欲しい機能を全て詰め込んだようなコーヒーメーカーです。

Maff
個人的にはカプセルタイプが好きなので5位としましたが、ドリップタイプなら間違いなくこれが一番です!

全自動ミル付きなだけあって値は張りますが、値段以上の価値があるコーヒーメーカーと言えますね。

6位以下を表示する

おわりに

手軽さを最も重視する僕の個人的なランキングなので、上位はカプセルタイプとインスタントタイプが占める結果になりました。

自信を持っておすすめできる商品を選んだので、どれを選んで頂いても間違いないと思います。

はじめてコーヒーメーカーを買う方にはランキング上位の手軽なマシンを強くおすすめしますが、日頃からハンドドリップでコーヒーを楽しまれている方にはドリップタイプをおすすめします。もちろん、エスプレッソ好きにはエスプレッソマシンがおすすめです。

自分がコーヒーメーカーに何を求めているかをハッキリさせて、自分に合った1台を選んでみてくださいね!

Maff
毎日のコーヒーをもっと手軽に楽しみましょう! それではまた!

 

この記事をシェアする