【比較】ネスカフェ ドルチェグストとバリスタの違いは?味とコスパの差から見る両マシンの特徴

ドルチェグストとバリスタを比較
ネスカフェのドルチェグストとバリスタの違いは何? 味や1杯あたりのコスパの差は? 結局どっちがオススメなの? 両方の良い点・悪い点を詳しく知りたい・・・そんな方のために、ドルチェグストとバリスタを比較してみました!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

ネスカフェの手軽なコーヒーメーカーには『ドルチェグスト』『バリスタ』の2種類があるのをご存知でしょうか? 同じネスカフェのコーヒーメーカーですが、このふたつには大きな違いがあり、どちらも一長一短です。

購入を考えている方は自分に合ったほうを選ぶのがベストなんですが、公式サイトを見ただけではその違いがわかり辛いのが正直なところ。

今回はそんな両マシンの違いを、どちらも愛用している僕の感想を交えてわかりやすく比較していきたいと思います。

購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ドルチェグストとバリスタのざっくりした違い

まずはじめに、「両マシンがどう違うのか?」をざっくりした結論から言います。

ざっくりした結論

  • ドルチェグストは美味しいコーヒーが飲みたい方向けのマシン
  • バリスタはなるべく安くコーヒーが飲みたい方向けのマシン

具体的な説明に入る前に、この違いを念頭に置いて読み進めて頂ければと思います。

最大の違いはコーヒーの抽出方法

バリスタとドルチェグストの一番大きな違いは、コーヒーの抽出方法です。

バリスタのコーヒー抽出方法

バリスタはコーヒーを淹れる際に、こちらの専用カートリッジを使います。中に入っているのはビンで売られているインスタントコーヒーと同じ粉です。

バリスタ カートリッジ

この粉をコーヒータンクに入れます。ちょっとワイルドに見えますが、これが正しい入れ方です。

バリスタ カートリッジ詰め替え

そして、粉が入ったコーヒータンクをマシンにセットしてボタンを押すと、高圧ポンプでフワフワのクレマ(泡)を作りながらコーヒーが抽出されます。

バリスタ コーヒー抽出

言ってみればバリスタは、インスタントコーヒーを美味しく作ってくれるマシンですね。

ドルチェグストのコーヒー抽出方法

バリスタが粉だったのに対して、ドルチェグストは専用カプセルを使います。一杯につき一つのカプセルを使うので、この時点で味へのこだわりの差は明確ですね。

この専用カプセルは中が5層構造になっていて、挽きたてのコーヒー豆が酸化によって味が落ちないよう密封して保存されています。

ドルチェグスト カプセル

このカプセルをマシンのヘッド部分にセットして、ボタンを押します。

ドルチェグスト ヘッド

そうすると、カプセル内で豆が十分に蒸らされてから、こちらも高圧ポンプでフワフワのクレマ(泡)を作りながらコーヒーが抽出されます。

ドルチェグスト コーヒー抽出

インスタントではなくカプセルを使うタイプで、一杯にかけるこだわりがバリスタとは大きく違うのがドルチェグストです。

Maff
これだけ抽出方法が違うので、もちろん味やコスパも変わってきます!

コーヒーの味の違い

バリスタとドルチェグストのコーヒー

コーヒーの味は、当たり前ですがあきらかにドルチェグストのほうが美味しいです。

バリスタのコーヒーも美味しいんですが、あくまでインスタントコーヒーとしての美味しさです。具体的に言うと、味に深みは感じられませんし、香りも淹れたてこそ良いですが、飲んでいる時の鼻から抜ける香りはほとんどありません。

対してドルチェグストは、使い捨てのドリップコーヒーやコンビニのコーヒーと比べてもずっと美味しく、香りもしっかりしていて、まるでカフェでコーヒーを飲んでいるかのような気分にさせてくれます。

コーヒーのバリエーションもバリスタは5種類なのに対して、ドルチェグストは15種類以上と、まさにコーヒーを楽しむためのマシンと言えますね。

Maff
バリスタはミルク系のメニューを作るときにミルクを用意する必要がありますが、ドルチェグストはもともとミルクが入ったカプセルがあるのも大きな違いですね!

カプセルのラインナップは公式サイトで確認できます。

コーヒーのコスパの違い

味はドルチェグストが圧倒的に優れていましたが、コスパはバリスタのほうが優れています

ドルチェグストのコーヒーは一杯あたり約50円なのに対して、バリスタは一杯あたり約20円。二杯飲んでもバリスタのほうが安いです。

バリスタはコーヒーの美味しさよりもコスパを重視したマシンと言えますね。インスタントでいいから手軽にコーヒーが飲みたいという方には最適です。

どちらにせよ毎日、もしくは2日に1本缶コーヒーを飲んでいるような方なら、どっちを選んでもコーヒー代の節約になりますね。

Maff
両方使っている僕的にはやっぱりドルチェグストがおすすめです! カプセルを選ぶ楽しさがありますし、家に招いた客人に出せるレベルのコーヒーというのがデカいです。

両マシンの本体価格の違い

ここまでコーヒーについて触れてきましたが、マシンそのものにも一つ大きな違いがあります。

それはマシンの本体価格

マシンの本体価格

  • バリスタ 5980円〜
  • ドルチェグスト 9800円〜

バリスタと比べるとドルチェグストはだいぶ値が張ります。ドルチェグストを選ぶ際はこれが一番ネックになる部分ですね。

Maff
ドルチェグストってそんなするのか・・・ちょっと高いわ・・・

と、思った方も多いはず。

 

そんな方におすすめしたいのが『本体無料のカプセル定期便コース』です。

なんとこの定期便コース、ドルチェグストのカプセルを定期購入するだけで、本体価格が無料になるんです!

とてもお得なサービスなので、購入を考えている方はぜひ抑えておいてくださいね。

こちらの記事でも詳しく解説しているので、よければご覧ください。

 

バリスタは本体が無料になるコースこそありませんが、最新モデルのバリスタ i が無料でレンタルできるプランがあります。

通常のモデルも5980円と低価格なので、バリスタが気になる方は是非チェックしてみてください。

ちなみにバリスタの最安値は公式ショップです。価格については下の記事をご覧ください。

まとめ

バリスタはコスパを重視したマシンで、より安くコーヒーを飲みたい方向け! ドルチェグストは美味しさを重視したマシンで、コスパより味を重視する方向け! 自分に合ったほうを選んでコーヒーをもっと楽しもう!
Maff
バリスタやドルチェグストを使ってみると、缶コーヒーを買っていたのが馬鹿らしくなりますよ! それではまた!

この記事をシェアする