ドルチェグストのコーヒーはぬるいのか?実際に飲んで検証してみた

ドルチェグストとコーヒー
ネスカフェ ドルチェグストのコーヒーはぬるいって聞くけど、実際どうなの? ぬるいとしたらどのくらいぬるいの? そんな気になる疑問を解決するために、実際に飲んで調べてみました!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

バリスタよりもずっと美味しいコーヒーが手軽に飲めるネスカフェのドルチェグスト。コーヒー好きの方にとっては魅力的な商品ですよね。

そんなドルチェグストですが、一部のユーザーから『コーヒーがぬるい』と言われているのは知っていますか?

実際に通販サイトのレビューなどでは『ぬるい』という意見が多く見られます。そして、それと同じかそれ以上に『ぬるくない』という意見も見られます。

ぬるいと感じる温度は人それぞれなので意見が分かれるのも仕方ありませんが、一体どっちを信じればいいんでしょうか・・・。買ってから後悔しないようにはっきりさせたいところですよね・・・。

今回はそんな、ぬるいと言われているドルチェグストのコーヒーを実際に飲んで検証していきたいと思います。コーヒーを熱く保つ方法なども紹介しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ぬるいと言われているコーヒーを実際に飲んでみる

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ

というわけで、コーヒーを飲んでみようと思います。といっても、日頃からドルチェグストを愛用している身なので『改めて温度を意識して飲んでみる』という言い方のほうが正しいですね。

カプセルは最も一般的なコーヒーであるルンゴを使用します。

ドルチェグスト カプセル

\ 抽出完了! /

ドルチェグスト カプセル ルンゴドルチェグスト カプセル ルンゴ
Maff
早速いただきます!

 

ゴクッ・・・

 

Maff
あ〜めっちゃ温かい〜!

めっちゃ温かいです。

熱々ではありませんが、丁度飲みやすいぐらいの温かさで、決してぬるくはありません。

実はドルチェグストのコーヒーはマシンから抽出されるときは90度程度、カップに溜められて口に運ばれるころには70度程度になります。

これは熱過ぎず冷た過ぎずの適度な温度で、人間がコーヒーを一番美味しいと感じる温度なんです。

Maff
メーカー側もこの温度が出るように設計しているらしいです!

つまり、『コーヒーがぬるい』というのは熱々のコーヒーが好きな一部の方の意見で、実際にはぬるいなんてことはありません。確かに沸騰したお湯で淹れたコーヒーと比べると冷めるのは早いですが、淹れてすぐ飲めるので個人的にはこっちの方が嬉しいです。

とはいっても、冷めるのが早いのはちょっと・・・という方も少なくないですよね。なので、ここからはなるべく熱いコーヒーを楽しむ方法をいくつかご紹介します!

なるべく熱いコーヒーを楽しむ方法を紹介

あらかじめカップを温める

コーヒーが冷める原因のひとつが、容器の温度が低いことです。

料理を冷めづらくするためにあらかじめ皿を温めるのと一緒で、コーヒーを淹れる前にカップを温めると一気に冷めづらくなります。

ここでは手軽にカップを温める方法として、次の2つを紹介します。

①マシンのすすぎを使ってお湯だけを出す

ドルチェグスト すすぎ用ツール

ドルチェグストにはこのような『すすぎ用ツール』がついているので、これをカプセルの代わりにセットし、お湯だけを出してカップを温めます。お湯を捨てる必要がありますが、これが最も手軽な方法ですね。

②電子レンジを使う

少量の水を入れたカップを電子レンジに入れ、温める方法です。牛乳などを入れればそのままラテ系のメニューも作ることも出来ますね。

すすぎを使う方法と違ってタンクの水が減らないので、僕は冬の寒い時期など熱いコーヒーが飲みたいときにこの方法をよく使います。

保温性の高いカップを使う

あらかじめカップを温めるのが面倒な方は、保温性の高いカップを使うのがおすすめです。何の変哲もない陶器のカップとは比べ物にならないほど冷めづらいですよ!

Maff
ドルチェグスト全機種で使えるサイズの保温カップをいくつかご紹介しますね!

マグカップ

取っ手のついているマグタイプです。量の多いラテ系のメニューも余裕で入るサイズなので、ひとつあると重宝すると思います。

タンブラー

取っ手のないタンブラータイプです。フタをつければ恐ろしいほどの保温力を発揮するので、ドルチェグストには最適ですね。

※タンブラーは縦のサイズがオーバーするものが多いので注意してください。僕が調べた限りではこのサーモスの340mlがベストでした。

ドルチェグストで使えるカップをもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

まとめ

ドルチェグストのコーヒーはぬるくない!・・・が、熱々でもない! 熱いコーヒーを楽しみたい方はあらかじめカップを温めるか、保温性の高いものを使うようにしよう!

これから買おうと思っている方は『コーヒーがぬるい』というのを気にする必要はないと思います。ただ、冷めやすいというのは本当なので、もし心配であれば保温カップと一緒に注文することをおすすめします。

ドルチェグストは本体料金が無料になるプランもあるので、初期費用を抑えたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

こちらの記事でプランの解説もしています。

Maff
ドルチェグストを手に入れて、美味しいコーヒーを手軽にたのしみましょう! それではまた!

この記事をシェアする