【購入前必見】ネスカフェ ドルチェグストが本体無料になる定期便の秘密

本体無料の定期便
ネスカフェ ドルチェグストが本体無料になるカプセル定期便が気になるけど、どのくらいお得なの? 何かデメリットは? 具体的にお得になる数字が知りたい…そんなあなたのために、定期便のすべてを包み隠さずお伝えします!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

『ネスカフェ ドルチェグストがタダで貰えちゃうカプセル定期便コース!!』

・・・と聞くと、なんかスゴいお得な感じがしますよね。

お得感が強過ぎて「何か裏があるんじゃないか?」と疑ってしまう方も少なくないはずです。

今回はそんな裏がありそうな定期便コースを、その基本的な内容からメリット・デメリット、具体的にどのくらいコストを抑えることができるのか?まで深く掘り下げていきたいと思います。

公式サイトを見るだけではわからない細かなところにまで触れているので、定期便コースを考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

そもそも本体無料のカプセル定期便コースとは?

カプセル定期便コースの概要

  • コースに申し込むとドルチェグスト本体が無料で貰える
  • 2ヶ月ごとに専用カプセルを自動でお届け(組み合わせ自由)
  • カプセルは通常価格の5〜10%OFFで購入可能
  • カプセルの送料は無料

一言でいうと、ドルチェグスト本体が無料になるうえに2ヶ月ごとにお好みのカプセルをちょっとお得な価格で届けてくれるサービスです。

概要だけを見るとなんのデメリットもないように見えますが、購入前に知っておくべきことがたくさんあるので、それらを順を追って説明していきます。

本体無料のカプセル定期便コース 対象マシン

ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム

ジェニオ2 プレミアム

出典:ネスカフェ公式サイト

定期便で無料になるマシンには2種類ありますが、そのひとつがこの『ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム』です。

現行モデルのなかでスペック・機能面がもっとも優れていて、一番売れているマシンです。

どれを選べばいいか迷ったら、これを選んでおけば間違いありません。

ドルチェグスト ドロップ

ドルチェグスト ドロップ

出典:ネスカフェ公式サイト

もうひとつがこの『ドルチェグスト ドロップ』です

性能面はジェニオ2 プレミアムとまったく同じですが、操作がレバーからタッチパネルになり、デザインがおしゃれになっています。

コンパクトさよりも見た目の美しさにこだわりたい方向けのマシンですね。

 

定期便ではこのどちらかのマシンを選ぶことになりますが、ドルチェグストの中でこの2モデルだけがコーヒーの抽出が自動で止まる『オートストップ機能』を搭載しています。

つまり、もっとも優れているマシンが無料で手に入るということですね。

ドルチェグストはほかにも何種類かありますが、この2モデルよりも機能が劣るのであまり気にしなくてもいいでしょう。

マシン本体が無料になる条件を確認

定期便は申し込むだけでドルチェグスト本体が無料で貰えますが、マシンごとにその条件が決められています。

ジェニオ2プレミアムの条件

ジェニオ2 プレミアムの条件

出典:ネスカフェ公式サイト

字が小さいので書き出したものがコチラ ↓

・本サービスで、専用カプセルを1回のお届け当たり4箱以上からお申し込み

・本サービスで、専用カプセルを累計60箱ご継続

※60箱お届け前の定期お届け便のご解約には、マシン代金として7800円(税込)をお支払い頂きます。

・お支払いはクレジットカードのみとなります(代金引換はご利用いただけません)。

ドロップの条件

ドロップの条件

出典:ネスカフェ公式サイト

・本サービスで、専用カプセルを1回のお届け当たり6箱以上からお申し込み

・本サービスで、専用カプセルを累計78箱ご継続

※78箱お届け前の定期お届け便のご解約には、マシン代金として12800円(税込)をお支払い頂きます。

・お支払いはクレジットカードのみとなります(代金引換はご利用いただけません)。

見ていただくとわかると思いますが『1回あたりのカプセルお届け箱数』『購入しなければいけないカプセルの累計箱数』が決まっています。

 

・・・なんかめんどくさそうですよね?

実は、この条件こそが定期便の唯一のデメリットになりうる要素なんです。

 

特に『購入しなければいけないカプセルの累計箱数』・・・

これを聞いて

Maff
もし途中でやめたくなったらと思うと不安だなぁ・・・

 

と、思った方!!

 

僕も最初はそう思っていましたが、詳しく調べたあとに、結局定期便でドルチェグストを申し込みました。

なぜかというと、『デメリットを考えても定期便がお得過ぎた』からです。

もし同じように不安に思っている方には、僕がどうして最終的に定期便を選んだかをぜひ知ってもらいたいと思います。

 

というわけで、ここから定期便のメリットとデメリットの話をしていきます。まずはデメリットである2つの条件を具体的な数字にして考えていきましょう。

1. カプセルお届け箱数について

定期便では2ヶ月ごとにカプセルが送られて来ますが、その1回あたりの最低お届け箱数が決まっています。

最低お届け箱数

  • ジェニオ2は4箱以上
  • ドロップは6箱以上

1箱にカプセルがいくつ入ってるのかというと、レギュラーブレンドやカフェオレといった定番メニューは1箱に16個。カプチーノやチョコチーノといったちょっとリッチなメニューは1箱に8個入っています。

ドルチェグスト専用カプセル16個入り ドルチェグスト専用カプセル8個入り
Maff
箱だとわかり辛いので、最低お届け数をカプセルに直しますね!
全部定番メニュー(16個入り)にしたときのカプセル数

  • ジェニオ2 16個入り × 最低4箱=64個
  • ドロップ 16個入り × 最低6箱=96個

すべてカプセル16個入りの定番メニューを選んだときのカプセル数はこうなります。

カプセル1個でコーヒー1杯分なので、これを2ヶ月間の1日あたりで計算すると・・・

1日あたりのコーヒーの量

  • ジェニオ2 コーヒー約1杯/日
  • ドロップ コーヒー約1.5杯/日

ジェニオ2 プレミアムの場合はコーヒーを1日1杯、ドロップの場合は2日で3杯飲むペースだと丁度2ヶ月でカプセルがなくなって、新しい定期便が届くということですね。

「2ヶ月ごとにカプセルが4箱〜6箱以上届きます!」・・・と言われるとなんだか大量に送られて来るような気がしますが、こうして考えてみると妥当な量だということがわかります。

2. 購入しなければいけないカプセルの箱数について

ドルチェグスト本体が無料になるもうひとつの条件として、購入しなければいけないカプセルの箱数が決められています。

これが定期便を選ぶ上で一番ネックになってくる部分ではないでしょうか?

本体が無料になる累計箱数

  • ジェニオ2 累計60箱
  • ドロップ 累計78箱

カプセルのお届け箱数がこの数に達するまでに定期便を解約する場合は、本体料金を支払わなければいけません。

といっても、ドルチェグストでコーヒーを飲むためにはどっちみちカプセルが必要なので、使い続けることを考えるととくに問題ではありませんね。

カプセル定期便コースはココがお得!

先ほどは定期便のデメリットについて触れたので、ここからはメリットについて触れていきたいと思います!

マシン本体の料金が無料になる!

まずは、なんと言っても一番の売りである本体料金無料です。

本体が無料になると言っても、具体的にどのくらいお得になるか知っていますか?

公式ショップの本体価格

  • ジェニオ2 プレミアム 9800円
  • ドロップ 14800円

どちらも1万円ほどはするので、これが無料になること考えると、いかに定期便がお得なのかがわかりますね。

カプセルの料金が安い!

定期便だと、カプセルも通常より安く買うことができます。

定期便のカプセル価格

  • ジェニオ2 プレミアム 通常価格の5%OFF
  • ドロップ 通常価格の10%OFF

(ジェニオ2は6箱コースにすることでドロップと同じ10%OFFになります)

Maff
10%OFF!と言われてもピンと来ないと思うので、これを具体的な数字にしてみます!

定期便と同じ「2ヶ月ごとに6箱のペース」で一年間普通にカプセルを買った場合と、割引価格で買った場合の金額(計36箱分)を比較すると・・・

割引価格と通常価格の比較

割引カプセル料金お得になる金額
0%33264円
5%OFF31536円1728円
10%OFF29916円3348円

5%の場合=1年で 2000円弱お得

10%の場合=3500円弱お得

 

一見あまり変わらないように見えますが、この差がだんだんと開いてくることを考えると、長い目で見てお得なのではないでしょうか。

また、カプセルが定価の10%OFFの価格で買えるショップは僕が調べた限りではなかったので、長く愛用しようと思っているのなら定期便コースがベストな選択肢だと言えます。定期便は送料も無料なので、場合によってはもう少しお得になりますね。

無料修理保証が5年ついてくる!

定期便に申し込むと、無料修理保証5年もついてきます。

定期便を利用せずにマシン単体で購入した場合でも1年は無料修理保証がついてきますが、保証が4年分上乗せされるだけでも相当お得なんじゃないかと思います。

Maff
万が一マシンが壊れた場合に無料で対応してもらえるのは大きいですね!

定期便のメリット・デメリットをおさらい

定期便のメリット
  • 本体価格無料
  • 無料修理保証5年
  • カプセルがどこよりもお得
  • カプセルが自動で届く(組み合わせ自由)
定期便のデメリット
  • 一回当たりの最低お届け箱数が決まっている
  • 累計箱数が決まっている

定期便のメリットとデメリットをまとめてみました。

最初は不安視していた方も、これを見ればどうして僕が定期便を選んだかを理解していただけるんじゃないかと思います。

デメリットと言える2つの要素も、ここまででお伝えしてきた通り「ドルチェグストを長く使う」だけで解決できるので、定期便は本当におすすめです。

こんな方には定期便をおすすめします!

定期便をおすすめしたい方

  • 毎日1杯(缶)以上コーヒーを飲んでいる方
  • ドルチェグストを長く使うつもりの方
  • 購入後のアフターサービスを重視する方
  • とにかくお得に買いたい方

これらに複数当てはまる方は、本体無料の定期便を利用するのがベストだと言えます。

特に、毎日のようにコンビニでコーヒーを買っているという方には個人的に強くおすすめしたいです。コスパで見ると缶コーヒーは1缶120円、ドルチェグストは1杯約50円と半額以下なので、なかなかの節約になりますよ!

 

「定期便を使いたい!」と思った方はまず、コンパクトさにこだわるジェニオ2か、おしゃれさにこだわるドロップを選びましょう。

性能はほとんど変わらないので、寸法とデザインで決めちゃって大丈夫です。

Maff
僕はおしゃれさを求めてドロップにしました!
モデル本体寸法タンク容量
ジェニオ2幅16.5cm × 高さ29.6cm × 奥行き25.7cm1L
ドロップ幅25.2cm × 高さ31.9cm × 奥行き25.2cm800ml

 

マシンをどちらにするか決まったら、次は初回お届けのカプセルを選びましょう。

下の記事ではカプセルをすべて飲んでランキングにしているので、よければ参考にしてみてくださいね。

 

2017/7/14 追記:

なんと、ドルチェグストの無料レンタルプランが利用できるようになりました!

定期便コースと違って気軽にお申込みができる内容になっているので、ドルチェグストが気になっている方は、とりあえずレンタルから始めてみるのもアリです。

まとめ

定期便にはデメリットのように思える点もあるけど、長い目で見るとコスパが良く、無料保証もたっぷりついてくる間違いなくお得なプラン! 使わないのはもったいない!
Maff
先を見据えた計画的な買い物を心掛けましょう! それではまた!

 

この記事をシェアする