買う前に知りたい!ネスレのコーヒーメーカー各機種の違いを解説

ネスレ
ネスレのコーヒーメーカーって色々あるけど何が違うの? 自分に合ったマシンが知りたい! という声に応えるべく、各コーヒーメーカーの特徴をわかりやすく解説していきます!
Maff
こんにちは、管理人のマフです!

ネスレのコーヒーメーカーはいくつ種類があるか知っていますか?

おそらく、バリスタ・ドルチェグスト・ネスプレッソなどの名前はなんとなく知っているけど、「各マシンの違いはあんまり・・・」という方は多いと思います。

最近は種類も増えてきて、どんどんややこしくなっていますよね。

今回は、そんなややこしいネスレのコーヒーメーカーを、わかりやすく解説していきます。

「ネスレのコーヒーメーカーが欲しいけど、どれにするか迷っている」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ネスレのコーヒーメーカーの種類

冒頭で、「ネスレのコーヒーメーカーはいくつ種類があるか知っていますか?」と質問しましたが、答えは

おおまかに分けて『3種類』です。

「あれ…?思っていたより少ない…」と思った人もいるかも知れませんが、細かく異なるモデルの数が多いだけで、種類自体はそんなに多くないんです。

ネスレのコーヒーメーカー3種

  1. ネスカフェ バリスタ
  2. ネスカフェ ドルチェグスト
  3. ネスプレッソ

ここからは各マシンの解説をしていくので、まずはこの3種類しかないということを念頭において読み進めてください。

Maff
というわけで、まずはネスカフェ バリスタから!

ネスカフェ バリスタ

バリスタi [アイ]
ネスカフェ バリスタの特徴

  • 専用カートリッジを使うインスタントコーヒーメーカー
  • とにかくコスパが良い(コーヒー1杯 約20円)
  • 無料でレンタルできる

ネスカフェ バリスタは、ざっくりいうと・・・

「とにかくコスパの良さを求めたコーヒーメーカー! とりあえずコーヒーが飲めればいいという人にはピッタリ!」

ネスカフェ バリスタは専用カートリッジをセットして使いますが、専用カートリッジの中身は市販のインスタントコーヒーと同じです。

つまり、ワンタッチで手軽にインスタントコーヒーが飲めるコーヒーメーカーということになります。

インスタントコーヒーは味に期待できないかわりにコスパが良いので、とりあえずコーヒーが飲めればいいという人向けですね。

マシンのラインナップに関してはこちらの記事をご覧ください。

ネスカフェ バリスタは専用カートリッジ(コーヒーの粉)を定期購入することで、本体を無料でレンタルすることができます。最新モデルのバリスタ i (アイ) が無料で借りられるので、マシンの設置費用を抑えたい方はおすすめです。

もっと詳しく知りたい方は「バリスタ無料レンタルの解説」をご覧ください。

また、普通に購入する場合も比較的お手頃な価格で手に入ります。「バリスタの最安値を調べてみた」で価格を調べたところ、最安値は公式サイトの5980円でした。

ネスカフェ ドルチェグスト

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム
ネスカフェ ドルチェグストの特徴

  • 専用カプセルを使うカプセルコーヒーメーカー
  • バリスタよりコーヒーが美味しい
  • コスパはちょっと悪い(コーヒー1杯 約50円)
  • 本体が無料でもらえる

ネスカフェ ドルチェグストは、ざっくりいうと・・

「美味しさとコスパのバランスがとれたコーヒーメーカー! 専用カプセルで美味しいレギュラーコーヒーを手軽に飲むことができる!」

ドルチェグストは専用カプセルをセットして使いますが、レギュラーコーヒーなので味はバリスタより美味しく、コスパはちょっと悪くなります。

また、カプセルのバリエーションも豊富で、ラテ系から抹茶まで15種類以上のメニューがあります。

カプセルのラインナップはこちらの記事で確認できます。

ワンタッチでコーヒーが淹れられる手軽さだけでなく、美味しさにもこだわりたい人向けのコーヒーメーカーですね。バリスタとの味の違いについては「バリスタとドルチェグストの比較記事」をご覧ください。

ドルチェグストのマシンのラインナップに関してはこちらの記事をご覧ください。

また、ドルチェグストはカプセルを定期購入することで本体を無料でもらうことができます。

とてもお得なプランなので、ドルチェグストが欲しい方は必ず押さえておいてください

マシン本体が無料でもらえる定期便についてもっと詳しく知りたい方は、「ドルチェグストが本体無料になる定期便の秘密!」をご覧ください。

ネスプレッソ

ネスプレッソの特徴

  • 専用カプセルを使うカプセルエスプレッソマシン
  • エスプレッソしか飲めない
  • コスパは悪い(エスプレッソ1杯 約80円)

ネスプレッソは、ざっくりいうと・・・

「エスプレッソ専用マシン! 普通のコーヒーは作れないけど、エスプレッソを飲みたい人にはピッタリ!」

ネスプレッソは厳密に言うとコーヒーメーカーではなく、エスプレッソマシンです。エスプレッソコーヒーしか作れません。

エスプレッソコーヒーとは?

エスプレッソコーヒーというのは『エスプレッソ』という特殊な製法で作られたコーヒーのことを指し、普通のコーヒーと比べると味に深みがあり、苦みも香りも強いのが特徴的です。(濃縮されたコーヒーという認識でOK)

ネスプレッソ専用カプセルはすべてエスプレッソで、20種類以上もあります。美味しいエスプレッソを飲める分、カプセルは割高でコスパは悪め。

ワンタッチのお手軽操作なのでエスプレッソ好きの人にはおすすめですが、コーヒーを飲みたいならドルチェグストのほうがずっとおすすめです。

ちなみに本体価格は、ある程度機能が揃ったモデルを買おうと思うと2万円ぐらいします。最低限の機能がついた最安モデルは6000円ほど。

ラテアートの練習を自宅でしたい方などは、ミルクフォーマーが備わっているモデルを選びましょう。

ネスレのコーヒーメーカーまとめ

  • マシンは大きく分けて3種類(バリスタ、ドルチェグスト、ネスプレッソ)
  • バリスタは『コスパ命!とにかく安く!』
  • ドルチェグストは『美味しさとバリエーション重視!』
  • ネスプレッソは『エスプレッソ専用!』

以上、ネスレのコーヒーメーカー各機種の違いの解説でした!

3種類の中で個人的なおすすめは『ドルチェグスト』で、ぼく自身も愛用しています。

実際にコーヒーを淹れるまでの手順を紹介した「ドルチェグストの開封レビュー」なんかもあるので、気になる方はぜひご覧になってください。

Maff
なんだかんだコーヒーメーカーはネスレが一番ですね! それではまた!

この記事をシェアする